produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

今日からできる収納術

キッチンの収納術(3) ストック品

  • facebook
  • twitter
  • line

食材のストック品の基本収納として乾物類のような湿気に弱いモノは吊戸棚に収納しましょう。湿気の少ない場所に保管する事によって、食品が傷みにくくなります。湿気に弱い代表食品として、乾麺、粉類、紅茶、麦茶のパックなどがあげられます。

【悪い例】
下段の引き出しにストック品などが押し込められている状態だと、ご自分で何をどれだけ持っているか把握できずに、同じ食品を二度買いしてしまう事があります。このように詰め込み過ぎると賞味期限が切れている事を忘れてしまう事もあるので気をつけて!

乾物類は一まとめにして容器に入れて収納しましょう。容器に入れることにより、奥行きがあり使いづらいと言われている吊戸棚を上手に活用できます。縦の空間と奥の空間を上手につかい、収納力をアップさせましょう。

下段には湿気があっても大丈夫な食品やドリンクなどを置いておくと便利!レトルト食品も下段でOK!

情報提供:
インブルーム株式会社

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。