produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

今日からできる収納術

キッチンの収納術(8) お弁当箱・タッパー

  • facebook
  • twitter
  • line

タッパーやお弁当箱は分けて取っ手付きの容器に入れ、吊戸棚に収納するととても使いやすくなります。この時タッパーやお弁当箱をよく使う作業台の近くの棚に収納しましょう。取り出しやすくなる事と、管理がとても楽になります。ただお弁当箱やタッパーをあまり使わないご家庭なら吊戸棚でも真ん中から上の段に収納しましょう。キッチンは一番使いやすい高さに作業台があるため、よく使うモノは吊戸棚の下段もしくは、作業台のすぐ下の引き出しになります。

【悪い例】
このようにタッパーやお弁当箱が無造作に押し込められている状態が多く見られます。これではご自分がどれだけ持っているか数を把握する事が難しいですね!

このようにグループ別に分けて収納する事により取り出しやすく、戻しやすい収納が実現します。この時、取っ手が下まで付いている容器を選ぶ事で背の低い方も楽に取り出す事ができます。容器選びも大事ですね!

情報提供:
インブルーム株式会社

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。