produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

今日からできる収納術

キッチンの収納術(9) 冷蔵庫

  • facebook
  • twitter
  • line

冷蔵庫の中の収納の基本として、モノをグループに分けて収納してみましょう。
例えば朝食セットをかごやトレーにいれておけば、かご、トレーごと取り出してテーブルに置くだけで、何回も往復せずに支度が出来ます。片付ける時もそのまま冷蔵庫へ。
冷蔵庫を開ける時間が短縮されるので、電気代も節約になります。
また家族も快くお手伝いしてくれるようになるかも!日本人が一番調味料の種類を持っていると言われています。1回使ったけど、次に使うまで期間があいてしまうような、調味料(焼肉のたれ、ナンプラー等…人によって違いはあります)はなるべく使い切りましょう。

【悪い例】
冷蔵庫いっぱいに押し込めると電気代は無駄になり、取り出す時もいちいち探さないといけないので手間がかかりますよね。管理もできない為、同じ食品を2度買いするなどのデメリットも!

無駄なく収納する事で、今持っている食品の管理がしやすくなります。 家族全員が開ける冷蔵庫はなるべくスッキリとさせて、ドアを開けている時間を短縮する為に何処に何があるかわかるようにしておきましょう。

情報提供:
インブルーム株式会社

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。