produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

今日からできる収納術

リビングの収納術(2) DM

  • facebook
  • twitter
  • line

請求書やDM、各種明細などの郵送物はあっという間に増えて、ついリビングなどに散乱しがち・・・。「後で確認しよう!」と思っているうちに、確認モレで支払いの期限を過ぎてしまったり、お得な情報を逃したり、大事な書類をなくしてしまったり・・・。郵便物は溜め込み過ぎると、確認するのが本当に面倒ですよね。 郵便物は「溜めないコト」が大事!「すぐにチェック」し、不要なモノはその場で処分、必要なモノは用途毎にファイリングするなどしましょう。

【悪い例】
ポストから持ってきて、リビングやダイニングテーブルにポイっと置いてしまうと、それだけで雑然としますし、中身の確認が面倒でずっとそのまま放置、なんてことに。 大事な郵送物もすぐに行方不明になってしまいがちです。

すぐにチェックが理想ですが、出来ない場合は、カゴなどを用意し、郵便物の「一時置き」スペースを作ってもOK。ただし、「溜めない」ためのひと工夫が必要。
新しく入ってきたら、奥に入れるなど入れる方向を限定すると、時系列に並んでいくので、古いモノから順にチェックすることが出来ます。なるべく1通入れたら、古いモノを1通チェック!などとルールを決めて、出来るだけ溜めないようにしましょう。
すぐに開封できない家族宛のモノも、人ごとのカゴやケースで仕分けして、帰宅時に見てもらう習慣を付けると便利です。

情報提供:
インブルーム株式会社

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。