produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

今日からできる収納術

リビングの収納術(3) 文具

  • facebook
  • twitter
  • line

リビングでよく使う文具も、戻す場所を決めていないと、いろんな所に散乱していたり、すぐに行方不明になったりしがちです。ペンなどはよく粗品でいただけたり、ないとすぐに買ってきたりと大抵のお宅で必要以上にあるアイテムです。そもそも書けない・使えないものは処分し、「使いやすい」「よく使う」ものを厳選して残しましょう。余分な文具は、処分しなくとも、在庫として別の場所に保管しておけばOK。アイテムが細かいので、収納する場合は、収納場所をきちんとカゴや空き箱などで区切って収納しましょう。

【悪い例】
ひとまとめにしても、きちんと区切っていないと、使う時にお目当てのものが探しづらくなってしまいます。

引き出しや棚に、カゴや空き箱で区切って収納します。
収納グッズは、なるべく真四角のものを選ぶと、収納スペースを無駄無く使うことができます。中に入れる文具はカラフルなものが多いので、収納グッズだけでも白や透明のものを使うと、スッキリ見えますよ。

リビングに置く文具は、ダイニングテーブルやローテーブルなど、いろいろな場所で使うことも多いので、カゴごと持ち運べるようにまとめておくととっても便利です。

情報提供:
インブルーム株式会社

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。