produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

今日からできる収納術

押入れの収納術(2) 季節家電・スポーツ用品

  • facebook
  • twitter
  • line

扇風機や暖房機などの季節家電や、海水浴やウインタースポーツのグッズなどは、収納する場所がきちんと確保出来ていないと、外に出しっぱなしになってしまい、普段の生活の邪魔にもなります。きちんと、シーズンオフの際に収納する定位置を決めましょう。

【悪い例】
暖房機も扇風機も帰る場所がなくて、季節に関係なくお部屋に出しっぱなし。雑然と見えるだけでなく、収納の開閉部分を塞いだり、生活動線の邪魔になったりと良いこと無しですね。

季節家電は重いモノが多いので、押入れ下段の奥などのスペースが収納に適しています。高い所は出し入れしにくいだけでなく、地震などの際に落下すると危険なので避けましょう。他に海水浴のグッズなど、シーズンオフのモノは、カゴやケースにひとまとめにして、押入れの枕棚や天袋など、普段出し入れがしにくい所に収納しておきましょう。ただし、シーズンが到来したらサッと出せるよう、カゴやケースに取っ手を付けたり、ひもで手を引っ掛ける位置を作るとさらに出し入れがしやすくなります。

情報提供:
インブルーム株式会社

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。