produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

今日からできる収納術

押入れの収納術(4) 押入れの使い方

  • facebook
  • twitter
  • line

本来、布団収納として使われてきた押入れですが、生活が多様化する中で、いろいろな用途に使われることも多くなりました。押し入れは大きな空間ですので、無計画にいろいろなモノをどんどん突っ込んでしまうと、本当に使いづらくなります。上下左右・奥と手前などと四角く区切って収納計画を立てましょう。棚や引出しなど、収納家具やグッズを上手に使ってさらに使いやすさをUPさせましょう。

【悪い例】
とにかくモノがギュウギュウ詰め・・・。引出しの前もモノが置かれていて中のモノが取り出せない。しかも襖すらも閉められない。これでは、奥に入れたモノを取り出すにもかなり苦労が必要そうですね。

押入れは、なるべく四角く区切って考えるのがオススメ。上下左右で4分割し・さらに奥と手前で分けて考えてみましょう。上段や手前は取り出しやすいのでよく使うモノを、枕棚の上・天袋や、奥は比較的使いづらい場所なので、使用頻度の低いモノを収納していきます。奥行きが深いので、キャスター付きの家具などを活用するとさらに使いやすくなりますよ。

情報提供:
インブルーム株式会社

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。