produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

今日からできる収納術

クローゼットの収納術(2) バッグ

  • facebook
  • twitter
  • line

バッグは嵩張るし、形・大きさも様々。特に女性はバッグが好きな方も多いので、たくさん持っていて収納に困っている方も多いアイテムの一つ。場所と量を決めて収納しましょう。使わないで奥にしまいこんでいる方も多いようなので、出し入れしやすくして、活躍の機会も増やしてあげましょう。また増えやすいアイテムなので一つ買ったら、一つ手放すなど適量を守ることを心掛けると良いですよ。たくさん持っていても、その時お気に入りのデザイン・使いやすいサイズなどの理由で、使うモノは限られているはず。ブランドのバッグなどは、使わないと思ったら、旬のうちに早めにリサイクルショップに持っていくと高額で引き取ってくれる場合も多いようです。

【悪い例】
なんとなくクローゼットの空いた隙間につっこんだりしていませんか。これでは潰れて形が崩れてしまったり、行方不明になったりと良いこと無し…かといって出しっぱなしも、お部屋が雑然としてしまいます。

フックに掛けたり、クローゼットのバーに取り付けるタイプのバッグ用ホルダーを利用したりする方法もありますが、出し入れ自体はしづらくなるので、戻すのが面倒になることも。よく使うバッグなら数を限定して、取り出しやすい位置にシンプルに並べるほうが、断然出し入れがラク。手の届く高さであれば、クローゼットの上段なども便利です。素材によって、自立しないモノは、かごや幅広のブックエンドなどを利用してもいいですね。普段あまり使わないフォーマルのバッグなどは、ほこりや傷・引っ掛け防止のため不織布のケースなどに入れ大切に保管しましょう。

情報提供:
インブルーム株式会社

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。