produced by 損保ジャパン日本興亜

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

専門家による収納コラム

シンプルエコライフ(1) -ダンボール20箱の発見-

  • facebook
  • twitter
  • line

「要らない物を手放そう」と思った時によぎる「もったいない!」という気持ち。そんな時には、「物にかかっているコスト」についても考えてみましょう。

モノとコスト

私には以前、それを深く実感する機会がありました。
それは主人がアメリカに留学する事になった時の事。2人で会社を退職し、当時2歳の娘を連れての私費渡米を決断した私達は「家財一式をどうする?」という大きな問題に直面。

キリギリス的DINKS生活を送っていた私達の資金はあきれるほど少ないのに実家に置いてもらえる物はごくわずか。トランクルームを借りる費用なんてとてもなく、アメリカに送るなんて夢のまた夢。そして、最後のとどめは、勢いで買ってしまった35年ローンのマンション。 売る事もできず、貸しても赤字の垂れ流し・・・。

「人生の一大決心をしようという時に、持ち物に縛られてあきらめなくちゃいけないの?」と、愕然としたのを覚えています。

本当に要るモノ

結局、ギリギリのタイミングでマンションには借り手が見つかり、家財のほとんどはリサイクルショップや古本屋、もらってくれた友人達のおかげで捨てずに処分。アメリカに送ったのは小さなダンボール20箱のみでした。

要るものにも要らない物にも等しくかかっているのが、「家賃」、「引っ越し代」、「処分費用」に、毎日の片づけのストレスという「コスト」。一番「もったいない」のはどれですか?

収納専門家一覧

※上記の専門家コラムに関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

コラムニスト 橋口真樹子 (Sunny Days)

暮らしを幸せに変える「お片づけの楽しさ」をお伝えします。

「お片づけの楽しさ」とは自分の過ごす一分一秒が、より豊かでより幸せな時間に変わっていく事。自分の空間のお片づけは、時に人生を変えるほどの転機になりえます。毎日の暮らしが、その積み重ねであるあなたの人生が、より豊かで幸あふれるものになりますよう。

【所属】 Sunny Days
【メディア】 はなまるマーケット(TBS)、「レタスクラブ」(角川グループパブリッシング)、「たまごクラブ」、「たまひよこっこクラブ」(ベネッセ)など多数。
【資格】 インテリアコーディネーター、NPO法人ハウスキーピング協会認定講師

その他のコラム

初めての見せる収納(3) -エリア別見せる収納 ベッドルームとその他の部屋-

持ち物を見直そう!(3) -バッグの中の整理術 その1-

仕事に役立つ整理法(1) -時間と手帳の整理術-